あの頃に描いた輝かしい未来は今どうなった?

できる事、やっている事、やりたい事、やるべき事を虚栄を張らずに等身大で綴る

茨城の酒

今後のテーマとして、これも扱っていこうかと。

 

茨城は酒どころであり醤油どころである事はあまり知られていませんが、そうなんです。

 

醤油を「むらさき」というのは筑波山がむらさきと呼ばれていたからです。

まあ、こちらについてはまた後日とさせていただいて、茨城の日本酒について今後取り扱って広めていきたいです。

 

まずは府中誉さんの「渡舟」から行くでしょうね。あの、今は扱われていない渡舟の種籾を大学から数粒貰い受けてそこから何年かかけて種を増やしていって…、てわからないですよね。

とにかく青りんごの香りと独特の味わいが癖になる逸品。ちょっと時間がないので画像とリンクなど後でまとめてアップします。

 

他にも、須藤本家さんとか、有名どころはあるので、いろいろ紹介していって、茨城のいいところを知っていただきたい。

 

数年前は、いろんな地方に出張していたのでその土地のものも味わっていたから日本酒も紹介できたろうけど、今はほとんど出張がないので思い出しか紹介できんです。

 

日本酒、好きですか?

日本酒、飲んでますか?

 

酒にまつわる詩なんかも知ってればね、引用できて面白いでしょうけど。

 

また、進めていきます。

今後もよしなに。